歯内療法.com 歯を残すために・・・

インプラント

インプラント

インプラント治療

根管治療

歯が抜けてしまった・・・
入れ歯が合わなくなってきた・・・
しっかり噛める歯がほしい・・・

このような方におすすめなのが、インプラント治療です。
歯を失ってしまった場合の治療法として一般的なのは入れ歯ですが、最近ではインプラントを選ぶ方も増えています。

インプラント治療とは?

インプラント治療とは、歯を失った顎の骨に人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上から人工歯を装着して歯の機能を補う治療法です。
人工歯根が顎の骨と強固に結合するため、まるで自分の歯のような噛み心地が回復します。

また、人工歯に用いられるセラミックは審美性に優れており、自然で美しい見た目が手に入ります。

人工歯根(インプラント)

インプラントと他の治療法との比較

  インプラント 入れ歯(保険適用の場合) ブリッジ
歯を失った部分の顎の骨に人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工歯を被せる治療。 1本~すべての歯まで、失った歯の本数に合わせてつくった義歯を、バネを使うなどして装着する治療。 横並びに1~数本の歯を失った場合に、両脇に残った歯を削って支えにして、連なった人工歯を被せる治療。
メリット ・見た目が自然で美しい
・違和感がない
・硬いものでもしっかり咬める
・周囲の歯を傷つけたり、負担をかけたりしない
・金属アレルギーの心配がほとんどない
・治療期間が短い
・治療費が安く済む
・見た目が自然
・違和感が少ない
・使用する素材によっては、保険が適用される
デメリット ・治療費が高い
・外科手術が必要になる
・全身疾患がある場合や顎の骨の量が少ない場合などは、治療を受けられないケースがある
・見た目がよくないことがある
・しっかり咬むことができないことがある
・違和感があることがある
・バネを使った入れ歯の場合、隣の歯に負担がかかる
・手入れをする必要がある
・使っているうちに合わなくなることがある
・両脇の歯を削る必要がある
・支えとなる歯に大きな負担がかかり、将来的にその歯を失ってしまうことがある

インプラント治療の流れ(2回法)

初診・カウンセリング

初診・カウンセリング

お口のなかを拝見し、カウンセリングを行います。インプラント治療の概要だけでなく、メリットやデメリット、ほかの補綴治療との違いなど、分かりやすくご説明します。納得したうえで治療法を決定しましょう。

検査・診断

診査・診断

CT撮影をはじめとする精密検査を行います。口腔内や顎の骨の状態などを調べたうえでの検査結果のもと、診断をいたします。

治療計画立案

治療計画立案

診断結果をもとに、適切な治療プランを立案。また、このときに必要なインプラントの本数など、詳細な説明を行います。わからないことがあれば何度でもご説明しますので、遠慮なくおたずねください。治療プランを理解したうえで治療に臨みましょう。

術前処置

術前処置

虫歯や歯周病が発見された場合には治療を済ませたり、術前の口腔内環境を良好に保つために歯石除去を行ったりします。

一次手術

一次手術

歯ぐきを切開し、失った歯の部分の顎の骨にドリルで穴をあけます。そこへ人工歯根を埋入し、歯ぐきを縫合。3~6ヶ月の間、治癒を待ちます。

二次手術

二次手術

人工歯根と顎の骨とがしっかり結合したことを確認し、歯ぐきを再切開。人工歯根の頭出しを行います。

人工歯の装着

人工歯の装着

型採り後に精密で美しい人工歯をつくり、人工歯根に取り付けてインプラント治療は完了です。

メンテナンス

メンテナンス

インプラントを長持ちさせるためには、術後のケアが大切。普段のブラッシングだけでなく、定期検診を受診していただきます。定期検診では、顎の骨や人工歯の状態、噛み合わせ、歯周病の有無などをチェックします。

インプラント治療のポイント

インプラント治療を行う歯科医院は数多くありますが、どの医院で治療を受けても満足のいく結果が得られるとは限りません。医師の実績・経験が重要なのはもちろん、医院に最新設備が整っていることも重要なポイント。特に、「歯科用CT」は精度の高いインプラント治療を行うのに欠かせない設備です。事前に歯科用CTの有無を確認したうえで、医院選びをするようにしましょう。

歯科用CTとは?

安全かつ正確なインプラント治療を行うには、歯を支えている顎の骨の状態を正確に把握することが重要です。顎の骨の状態を正確に把握せずにインプラント治療を行うと、神経や血管を傷つけてしまうおそれがあり、神経が傷つくと麻痺などを起こしてしまいます。このような事態を避けるために重要な役割を果たすのが「歯科用CT」です。

従来のX線撮影では、撮影の結果を平面的(2次元)にしか見られませんでした。そこで開発されたのが歯科用CTです。

歯科用CT

歯科用CTならインプラント治療に必要な精細な画像を、少ない照射線量かつ低価格で取得できます。
顎の骨の形態や神経の位置、骨密度などを立体的な情報として取得できるため、正確な診断と精度の高い治療を実現できます。

歯科用CTのメリット

  • 取得できる情報量が多く、口腔内の状態を的確に把握できる
  • 座ったまま撮影できる
  • 撮影時間は約10秒と短く、患者様は待つ必要がない
  • 照射線量が少なく安全で、患者様への負担が少ない
  • 医科用CTの半分以下の料金で安価に撮影できる
  • 撮影した画像をすぐに確認できる。

八ッ橋歯科医院のインプラント治療

当院では、安全かつ確実なインプラント治療を実現するため、歯科用CTによる検査を行っています。院長は「日本口腔インプラント学会専門医」。確かな技術と最新の設備を駆使した精度の高いインプラント治療をお約束します。

お問い合わせ

INFORMATION 医院情報

八ッ橋歯科医院 日本口腔インプラント学会「専門医」 日本歯科保存学会「認定医」 土曜日診療

住所

〒232-0027
神奈川県横浜市南区新川町4-25

診療時間

9:30~12:30 / 14:00~18:30

休診日

火曜午後、木曜、日曜、祝日

  • 歯内療法について
  • 虫歯治療
  • 根管治療
  • 歯内療法の進め方

MENU メニュー